05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

ソレイトンの戦いの始まり

ハウリングマウンテン、フロスト島の開拓を終えた私は
ファラナスキャッスル冒険者協会からの招集に応えるべく
シルバースプリングへと向かった。


MAP_シ~1


ここシルバースプリングには、白亜の威容を誇る巨大な城、
ファラナスキャッスルがある。
この城は、いまはすでに消滅したエンジェルミストランドの古代エルフ、
伝説のエルフが人間に協力して建てたものだそうだ。

エルフの技術が結集され、巨大な噴水等、大規模な水道施設がある外、
壁や柱にも精緻な技巧が施されている。
また、貴族院議会には、巨大な絵画も飾られている。

ファラナスキャッスルには、
ファラナスを統治しているであろう貴族院議会があり、
議会の隣には大陸の開拓を主導的に行っている研究機関である
セージアイズの本拠地。
その反対側には、冒険者ギルドの拠点がある。

また、セントラルエリアには銀行の本店。オークション施設があり、
期間限定のイベントなども多々行われている。
東西エリアには商店街が栄えており、各種生産職人も多数要するなど
この城砦都市は、事実上のエンジェルミストランドの中心都市といえる。


しかし、ファラナスキャッスルの城下は、
クーバ族との問題、土地が腐敗する農場、伝染病の蔓延する農場、
盗賊の住処となっている廃窟。
モンスターの巣窟となるロストレリジェスハウス などなど、
さまざまな問題を抱えていた。
そして、そこには、暗躍する秘密結社「ソレイトン」の影がつきまとう。



冒険者協会にきわめて優秀な冒険者として認定された私は、
「極秘任務」として、セージアイズ前グレイトウィザード サスフェールに
ソレイトンに盗まれた研究資料の奪還を命じられる。

そしてその調査を進めるうちに、
・セージアイズ内にも、ソレイトンに内通者がいること。
・貴族院議会の議員の中にも、ソレイトンから資金提供を受け、
 抱き込まれている者がいること。
・シルバースプリング平原にある農場の土地に毒薬を散布したのは、
 マグドガーファームのモリスンであるが、
 土地を腐敗させる毒薬は、ソレイトンから提供された可能性が高いこと。
・ファラナスキャッスル防衛隊隊長3名の死亡事故は、ソレイトンが作成した
 睡眠薬の効き目を試す過程で起き、かつ隊長の死体が死後、ゾンビとして蘇ったこと
・ソレイトンは伝説の剣「ブラッディープライズ」の確保を目指していること
などが浮かび上がってきた。


ブラッディープライズをソレイトンより先に得るため、
私は急遽、アスランバレーのキラナキャンプへと向かうこととなる。




〔クーバ族との戦い(続)〕
 ハウリングマウンテンのログシャイアでも、クーバ族には悩まされていたが、
 ここシルバースプリングでも、クーバ族との戦いは続いていた。
 特に、こちらのシルバースプリングのクーパ族は、兵士を捕獲したり、
 毒をつくって散布するなど、さらに知能が増している。
 クーバ族の討伐はもとより、毒の解除、そしてクーバ族ボスジープオーの討伐
 まで行うこととなった。

〔ロストレリジェスハウス〕
 ロストレリジェスハウスは修道院の外観を呈している。
 土地の所有権はセージアイズにあるが、黒曜石騎士団からの施設エマハによれば、
 この建物に関する資料は消されたかのように存在しないとのこと。

 しかしこの地下には、隠された研究施設があった。
 セージアイズのグレイトウィザードだったアンカリアは、
 研究中邪悪な存在に襲われ、からくもこれを封じることに成功したものの、
 その精神を囚われる。
 また、研究員の部下たちも魂だけの存在となって、
 ロストレリジェスハウスを彷徨うこととなった。

 私は「ユーゴ」の求めに応じ、アンカリアの魂の救済に成功する。
 ユーゴは、アンカリアの夫でもあった。
 アンカリアは伴侶と、娘レシスティンを案じながら、静かに消えていった。

〔シャボンリング〕
 水中でこすると泡がでるリングをもらった!

〔ロストサンクチュアリ〕
 シルバースプリングの北部には古代の遺跡が残っている。
 そして、いまだに神殿を守護する巨大ゴーレム「ガーディアンタイタン」が活動している。
 研究者とともに、碑文を解析したので、メモしておく。

 ハイノリードの門、天より使わされし神の使いを迎える。
 創世者の作り給う至高の生物、永遠の前より来たりて、
 最終日の後に着えし、我らが便りとする存在なれり

 タドールの門、純粋なる力を備えし巨竜を迎える。
 その身は鱗で覆われ、翼で空を舞う。
 エレメントの祝福を受けし盟友かつ我らに知性を授く師範なり。

 アグラの門、我らと同じ血液の流るる者を迎える。
 尊厳と名誉を以って、衆生を率いて大地に生き、
 海と空の果てを征服せる王者達なり。

 ケベンスティの門、我らと異なる血液の流るる者を迎える。
 互いの相違を受け入れ、盟約の下
 結束と忠誠を誓い合いし友と仲間なり。
スポンサーサイト

category: 4.シルバースプリング

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://mysticstonealexei.blog.fc2.com/tb.php/6-c64b53ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。